ウーマン

心理カウンセラーの資格を取得して医療現場で活躍する

活躍する機会は増えます

男女

経験を得るためにも、心理カウンセラーの資格があったほうがいいです。開業などする時でも、活用できますのであって困るものではありません。今後も心理カウンセラーの需要は高いはずです。活躍する機会は増えていく可能性が高いので、資格はとっておいたほうがいいです。

Read More

心の時代をリードする仕事

文房具

心理カウンセラーには様々な資格があり、全て民間資格です。ですから、心理カウンセラーを志す場合には、何のカウンセラーになりたいか、そのためには何が必要か見ていきましょう。今はまだその役割が確定していない面のある心理カウンセラーですが、今後は存在意義が高まり、近い将来には国家資格が誕生することでしょう。

Read More

心に寄り添うカウンセラー

カウンセリング

うつ病患者の増加

近年、うつ病で医療機関を受診する患者数が増加傾向にあると言われています。長時間労働や人間関係、家庭環境など、人によってストレスを感じる理由は様々です。会社関係ではセクハラやパワハラ、学校関係ではモンスターペアレントという言葉に象徴されます。そんな中、心理カウンセラーという職業の需要が高まってきています。心理カウンセラーとは、悩みを持っている人たちをサポートする役割をします。心理カウンセラーといっても多くの種類があり、臨床心理士や産業カウンセラー、スクールカウンセラーや心理相談員など様々です。人々の悩みが多様化していることを表していると言えます。求人に関しては割と多い方ですが、臨床心理士の資格や実務3年以上などの条件があるため、難易度が高い職業と言えます。

分野に応じた必要条件

心理カウンセラーになるためには資格が必要ですが、分野によって内容が異なります。まず最も有名な資格は臨床心理士であり、心の専門家と言えます。臨床心理士は数多くある民間資格の中で難易度が高く、この資格がなければ公立学校のスクールカウンセラーになることができません。受験資格も厳しいもので、指定の大学院を修了している者、専門職大学院を修了した者、などの条件が付与されています。また、産業カウンセラーは働く人たちを専門に支援する職業ですが、こちらは社団法人産業カウンセラー協会の認定資格が有利になります。これも受験資格があり、大学で心理学を学んだ者、協会が行う講座を修了した者、などの条件があります。本格的に心理カウンセラーを目指すならば、それを見越した上で大学選びをする必要があると言えるでしょう。

学校という現場の悩み相談

診断

心理カウンセラーのニーズは大人も子供にも幅広く広がってきました。その資格は大学院卒業の資格を有するものから、各カウンセラー協会の養成講座を受講して得られるものまで多様化しています。ニーズにあった資格を得ることが大切です。

Read More